EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

新型コロナ禍での子どもの「おうち遊び」は「ゲームやスマホを見過ぎる」悩みが最多に【小学館調べ】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/30 17:25

 小学館は、同社の第一児童学習局が運営する育児メディア「HugKum(はぐくむ)」が、会員の保護者を対象に実施した、新型コロナ禍における子どもの「おうち遊び」の様子に関する調査結果を、8月27日に発表した。同調査は、4月27日~5月10日の期間に行われ、1090名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、新型コロナ禍における子どもの活動で増えたものを尋ねたところ(複数回答)、「テレビを観る」が他を大きく引き離してもっとも多く、「ゲームをする」がそれに続いた。また、「本を読む」という回答も見られる。

新型コロナ禍での子どもの活動で増えたもの
新型コロナ禍での子どもの活動で増えたもの

 一方、減った活動としては(複数回答)、「友だちと遊ぶ」「外遊び」「公園に行く」といったアクティブな遊びが大きく減少している。

新型コロナ禍での子どもの活動で減ったもの
新型コロナ禍での子どもの活動で減ったもの

 新型コロナ禍での、子どもの気になる行動を尋ねた質問(複数回答)では、「ゲームやスマホを見過ぎる」が最多となった。また、「イライラしていることが増えた」「情緒不安定」といった精神的な不安感を抱いている子どもも増えている。

新型コロナ禍での子どもの気になる行動
新型コロナ禍での子どもの気になる行動

 子どもに伸ばしてほしいと考えている力としては、「創造力」を挙げる回答がもっとも多く、「集中力」がそれに続いた。

子どものどんな力を伸ばしたいか
子どものどんな力を伸ばしたいか

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0