SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

日本マイクロソフト、12月10日の「Hour of Code Japan 2017 フィナーレイベント」に参加

 日本マイクロソフトは、12月10日に北海道、宮城、群馬、東京、愛知、大阪、宮崎の全国7都市で開催される「Hour of Code Japan 2017 フィナーレイベント」(主催:みんなのコード)に、コンテンツ、サポートスタッフ、機材、会場を提供する。

 Hour of Codeは、コードへの理解を深めるコンピュータサイエンスの1時間の入門コースとして始まったグローバルなムーブメント。無料のチュートリアルによって教育者と教育機関が学生にコーディングの基本を経験してもらうための機会であり、12月4日~10日は、世界中の子どもたちがプログラミングの基礎を学ぶ、コンピュータサイエンス教育期間「Hour of Code」となっている。

 米Microsoftは、各地域の非営利団体や学術界との連携によって、さまざまなイベントを通してHour of Codeを実施しており、日本マイクロソフトでもフィナーレイベントの支援のほか、11月27日にはHour of Codeを実施したい人のための講師向けワークショップ、12月7日~8日には中野区立北原小学校、府中けやきの森学園で同社の社員によるHour of Codeを開催するとともに、Hour of Code期間中にみんなのコードのSNS活動に賛同し、ハッシュタグ#hourofcodejp2017で日本マイクロソフトの活動を伝えている。

 さらに、11月14日(現地時間)に発表された、ゲーム『Minecraft』の新たなHour of Codeチュートリアル教材「Minecraft: Hero's Journey」の日本語版も提供する。

 「Minecraft: Hero's Journey」では、新キャラクターのMinecraft Agentが登場し、ループ、デバッグ、関数といったプログラミングの基礎的な概念を学ぶための、10種類以上の課題が提供される。チュートリアルを完了すると、自分で書いたコードを『Minecraft: Education Edition』に読み込んで、自身の制作物をゲーム内で使用したり、メール/メッセージ/ソーシャルメディアなどで共有したりできるようになる。

 なお、同チュートリアルは無料で提供され、Windows版はもちろん、iOS版やAndroid版にも対応している。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
Hour of Code
「Minecraft: Hero's Journey」

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/619 2017/12/06 15:06

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング