EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

デジタル・ナレッジ、外部システムとLMSを連携するソリューションの提供を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/14 08:00

 デジタル・ナレッジは、すでに利用しているさまざまな外部システムと、同社のLMS(学習管理システム)「KnowledgeDeliver」を連携させる「外部システム連携ソリューション」の提供を、6月より本格的に開始した。

「外部システム連携ソリューション」
「外部システム連携ソリューション」

 同ソリューションを活用し、すでに利用中の外部システムと「KnowledgeDeliver」を連携させることにより、情報の一元管理や運用の自動化が実現する。

 具体的には、利用中の外部システム上にある顧客・商品・販売・講座・教材などの情報と、LMS上の受講履歴・顧客利用データを相互連携させることで、LMSに情報を登録する手間を省くと共に、二重登録や入力漏れなどの人的なミスを防ぐ。

 さらに、例えば外部システム上の販売情報(何の講座がいつ買われたか)と、LMS上の受講履歴(誰がいつどの程度学習を進めたか)を掛け合わせ、統合的に蓄積・分析することで「●●講座を購入後、一定程度受講した人には■■講座も案内する」といったマーケティングにも活用することができる。

 連携可能な情報は以下のような項目。

利用中のシステムからLMSへの連携

  • 顧客情報
  • 商品情報
  • 販売情報
  • 教材情報
  • 講座情報
  • その他必要情報

LMSから利用中のシステムへの連携

  • 顧客利用データ(ログイン情報、学習済講座情報など)
  • 受講履歴(進捗率、テスト得点など)
  • その他必要情報

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0