EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

高専生による企業評価額を競うコンテスト「DCON2021」、福井工業高等専門学校のチームが最優秀賞に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/20 13:45

 日本ディープラーニング協会は、高専生がディープラーニングを活用して企業評価額を競うコンテスト「DCON2021」の本選を、4月17日に日経ホールにて開催した。本選では、43チームの中から2度の予選を経て勝ち残った10チームが出場している。

 最優秀賞を獲得したのは、福井工業高等専門学校のプログラミング研究会による「D-ON」で、企業評価額6億円、投資総額1億円という評価を受け、技術審査員賞、若手奨励賞もあわせて受賞した。高い技術力による完成度と、洗練されたビジネスプランが評価され、過去の大会を含め企業評価額最高額を更新している。

 「D-ON」は、コンクリートのような構造物にヒビなどの異常がないかを、ディープラーニング技術を使って誰でも簡単に打音検査することを可能にした作品。「すべての老朽化から人の命を守る」をテーマに、新たなアプローチで小型で軽量・安価な打音検査機を実現した点が高く評価された。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0