EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

高校生が社会問題を探究・解決する「ソーシャルビジネス学習プログラム」がカリキュラムを刷新

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/20 08:00

 公益財団法人みんなの夢をかなえる会は、昨年から無償で公開している高校生が社会問題を探究・解決するビジネスモデルを自ら考える「ソーシャルビジネス学習プログラム(オンライン版)」の内容を刷新した。

 「ソーシャルビジネス学習プログラム」とは、4部構成、合計270分の動画視聴で、高校生が社会問題やSDGsを学び、社会問題を解決する社会起業家の事例を学び、社会問題を解決するビジネスモデルを策定する無料のプログラム。

 文部科学省の『総合的な探究の時間・学習指導要領』にある「自己の在り方生き方に照らし、自己のキャリア形成の方向性」を考える機会として、ビジネスや起業への関心の有無に関係なく、すべての生徒を対象としている。

 以下の4章で構成されている。

  • 第1章 ソーシャルビジネスを学ぶ/代表理事 渡邉美樹
  • 第2章 社会問題について考える/業務執行理事 青木茂雄
  • 第3章 社会問題を解決している企業を知る/業務執行理事 青木茂雄
  • 第4章 君も社長になって社会問題を解決しよう/業務執行理事 青木茂雄 

 このプログラムで作成したビジネスモデルは、同法人が主催する高校生のビジネスモデルコンテスト「高校生みんなの夢AWARD」にエントリーすることができ、参加した生徒にはAO入試や推薦入試で活用できる「高校生みんなの夢AWARDエントリー証明書」が発行される。

 

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0