EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

N高・S高、4000名規模の学生がVR技術を活用したオンライン授業のコースを選択

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/09 07:00

 角川ドワンゴ学園は4月7日、インターネットを使った通信制高校の「N高等学校(N高)」と「S高等学校(S高)」において、VR技術を活用した「普通科プレミアム」を2021年4月から開始することを発表した。これまでの映像授業に加え、VR空間でも授業が受けられるようになる。

 今年度の両校を合わせた新入学生は7304名、合計生徒数は1万8731名となる見込みだが(2021年5月1日の予定)、全生徒数のうち約4000名、新入生では約4割が普通科プレミアムを選択している。

 VR空間では、仲間の存在を感じながら、オンライン授業の弱点でもあったコミュニケーションを磨くための学習も強化できるため、従来以上に学びの可能性が広がるとしている。

 VR空間内の象徴的な学び舎「学びの塔」は、建築家の隈研吾氏が設計した。

 4月1日時点で、履修可能な授業6984本のうち、約3分の1にあたる2341本がVR空間で履修できる。2021年度内には過半数の授業がVR空間内で履修できるようになる予定。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0