EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

山形県、公立学校の校内無線LAN環境にフルノシステムズの「ACERA 1210」を採用

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/07 06:00

 フルノシステムズは、同社が提供する無線LANアクセスポイントのハイエンドモデル機種「ACERA(アセラ)1210」が、山形県の公立高等学校と特別支援学校のICT基盤整備で導入されたことを、3月31日に発表した。

「ACERA 1210」
「ACERA 1210」

 山形県教育委員会では「第6次山形県教育振興計画」に沿って、さまざまな教育課題の解決に向けた施策を展開しており、その中でもICT活用推進は重要テーマとして掲げられている。2020年度にはGIGAスクール構想の補助金申請制度を活用し、高校46校と特別支援学校18校の普通教室に、同社の3RF(スリーアールエフ、3つの周波数=3種類のWi-Fiを同時に利用できる仕様)対応無線LANアクセスポイント「ACERA 1210」が合計591台導入された。

 山形県教育委員会ではICTの日常的な活用に向けて、これまで情報教室など特別教室に限られていた校内LANを普通教室に整備してきた。生徒の1人1台学習端末使用を実現するためのネットワーク基盤を整備することで、今後もICTの積極的な活用を進めていく方針だ。なお、無線LANシステム構築は、NTT東日本山形支店が担当した。

授業風景

授業風景

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0