EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ゼッタリンクス、縦書き・ルビ付き表現などに対応したGoogle Workspace用アドオン「こどもSuite」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/06 07:00

 ゼッタリンクスは4月2日、小学生、特に低学年の指導に適したGoogle Workspace用のアドオンツール「こどもSuite(スイート)」を発売した。

 縦書き・ルビ付きの文書の表示や、ローマ字入力が行えない低学年のための「五十音順ソフトキーボード」、低学年の児童でも簡単に操作できる「きっずメニュー」などの機能を搭載している。

 文章の縦書き・ルビ付きの変換機能では、横書きで入力されたテキストボックスを画像に変換することで、縦書きやルビ付きの文章を再現し、国語の授業で求められる縦書き文書の教材を簡単に作成できる。テキストの再編集にも対応している。

 他にも、教材・ワークシートのどこに何を記入したらよいかを分かりやすく示す「スマートテンプレート」や、教材や校務に使える学校関連のイラストが2000点以上、収録されている。

 今後は、見出しやタイトルを強調できる「タイトルかざり」や、小学校1~2年生で習う漢字を入力できる「漢字ソフトキーボード」といった機能の拡張も予定されている。

 価格はオープン価格(要問合せ)。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0