SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

約8割の保育士、自治体の支援制度「活用していない」と回答

 ネクストビートは、同社が運営する保育士・幼稚園教諭向け転職支援事業「保育士バンク!」のSNS閲覧者を対象に実施した、保育士に関する自治体の支援制度・補助金についてのアンケート調査の結果を、4月2日に発表した。同調査は、3月28日~30日の期間に行われ、260名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、自身の勤務する園が所在する自治体の、保育士に対する支援制度や補助金(奨学金の返済支援や住居借り上げ支援など)について知っているかを尋ねたところ、「まったく知らない」が約55.4%。「なんとなく知っている」が40%で、「詳しく知っている」は4.2%に留まった。

 自身の勤務する園が所在する自治体の、保育士に対する支援制度や補助金を活用しているかを尋ねた質問では、76.2%が「活用していない」と答えている。「活用している」という回答は16.2%で、「補助金があるのか知らない・活用できているのかわからない」といった回答もみられた。

 保育士に対する支援制度や補助金を「活用していない」と答えた人に、その理由を尋ねたところ、「知らない・わからない」が66.5%ともっとも多かった。

 各自治体が支援制度や補助金などを説明しているWebページを見たことがあるかを尋ねた質問では、「見たことがない」が80%、「見たことはある」が17.7%、「転職する際は必ず確認する」は1.9%だった。

 各自治体の施策についてWebページなどを見て、わかりにくいと感じたことがあるかを尋ねたところ、63.8%がわかりにくいと感じたことがあると答えている。

 具体的に、どの部分がわかりにくい、活用しにくいと感じたかを尋ねた質問では、「補助金や施策に関する説明文が難しい」が最多で、「対象者や制限などが複雑で自身が対象かわかりづらい」がそれに続いた。そのほか、「制度を知る機会がなく、ホームページを見たことがなかった」「対象になると思っていても、園経由になり活用に至らない」といった回答も寄せられている。

 なお、同社はこれらの調査結果を受けて、自治体の支援制度・補助金についてわかりやすく解説するオリジナル動画配信を、「保育士バンク!」の公式YouTubeチャンネルにて開始した。動画の第1弾としては、飾区私立保育所等保育人材確保支援事業の一環として、葛飾区独自の取組について担当者にインタビューしている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/5447 2021/04/05 16:45

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング