EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

学研教育みらい、情報活用能力を育む小学校向けの副読本『私たちと情報』を発行

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/10 06:00

 学研教育みらいは、小学校向けの副読本、改訂新版『わたしたちとじょうほう 情報活用スキル編』『私たちと情報 情報社会探究編』の2冊を発行する。

 本書は、東北大学大学院教授・堀田龍也氏が監修する、情報活用能力を育成するための小学生向けの副読本。

『わたしたちとじょうほう 情報活用スキル編』
『わたしたちとじょうほう 情報活用スキル編』
『私たちと情報 情報社会探究編』
『私たちと情報 情報社会探究編』

 「情報活用スキル編」では、初めてPCに触れる子どもでも親しみが持てるように、巻頭にマンガを掲載。各単元では、キーボード入力や検索の仕方などの基礎から、ICTや情報を活用するために必要なさまざまなスキルを、学習活動を通して身に付けられる。また、各教科の授業に必要なスキルを参照する際にも活用できる。

学校ではネガティブに捉えられがちなSNSを有効活用するという観点で学ぶ
学校ではネガティブに捉えられがちなSNSを有効活用するという観点で学ぶ

 「情報社会探究編」でも巻頭マンガを掲載。登場する4人の子どもたちが、スキル編で習得したことを振り返りながら、スキルを使って広がる可能性について語る。探究編では、スキル編で学んだ情報活用スキルを駆使して、さまざまな課題を解決していくことを通じ、情報化社会を生きぬく力を育む。

プレゼンの経験を繰り返し、 みんなに伝わるプレゼン力を育む
プレゼンの経験を繰り返し、 みんなに伝わるプレゼン力を育む

情報活用スキル編 内容

  • 1.写真や動画をさつえいしよう
  • 2.キーボードで入力しよう
  • 3.クラウドを使おう
  • 4.情報を集めよう
  • 5.情報を読み取ろう
  • 6.情報を整理しよう
  • 7.表やグラフで表そう
  • 8.プレゼンをしよう
  • 9.いろいろな方法で伝えよう
  • 10.SNSを使おう
  • 11.プログラミングをしよう

情報社会探究編 内容

  • 1.身の回りにあるコンピュータ
  • 2.情報社会での買い物
  • 3.情報発信の光と影
  • 4.プログラミングで課題解決
  • 5.情報社会と権利
  • 参考 必要なスキル

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0