EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

2022卒学生、8割超が企業の「成長性」重視、新型コロナ禍で成長力が高そうな業種は「IT」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/12 16:25

 学情は、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に実施した、「『成長性が高い』と思う企業の特徴」に関する調査の結果を、2月12日に発表した。

 同調査は、学情が運営するダイレクトリクルーティングサイト「あさがくナビ2022」への来訪者に対して1月27日~2月4日の期間に行われ、631名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、就職活動で新型コロナ禍における企業の「成長性」を重視するかを尋ねたところ、「重視する」が37.4%、「どちらかと言えば重視する」が45.3%だった。理由としては、「生活様式が一変するようなコロナ禍でも成長できる企業は、成長力が高いと思う」「外出自粛で消費が落ち込むなかでも成長している企業は、就職先として安定していると思う」といった回答が寄せられている。

 新型コロナ禍で「成長力」が高そうだと思う企業の特徴を尋ねた質問(複数回答)では、「収益の柱が複数ある」(47.2%)がもっとも多く、「働き方の選択肢が複数ある」(44.5%)、「新規事業開発に積極的」(42.8%)がそれに続いた。

 新型コロナ禍で「成長力」が高そうだと業種・業界を尋ねたところ、「IT」(61.5%)が他の業界を大きく引き離して最多となっている。理由としては、「テレワークや、キャッシュレス、ECサイトでの巣ごもり消費など、コロナ禍でIT業界の存在感がより高くなっていると思う」「IT業界は、テレワーク可能な仕事が多いので、コロナ禍でも成長していくと思う」といった回答が寄せられた。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0