EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

2022年卒学生を対象にした就職活動準備実態の調査、インターンシップ参加者の7割強がオンラインのみで参加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/21 15:15

 マイナビは、2022年3月卒業予定の全国の大学3年生、大学院1年生を対象に実施した、「マイナビ 2022年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)」の結果を、1月20日に発表した。

 同調査は、「マイナビ2022」の会員に対して12月20日~31日の期間に行われ、3093名(文系男子:539名、文系女子:1381名、理系男子:528名、理系女子:645名)から有効回答を得ている。

 調査結果によれば、インターンシップ・ワンデー仕事体験に応募したことがある学生は、前月比0.4ポイント増の91.2%で、参加したことがある学生は前月比2.2ポイント増の81.1%だった。12月の平均応募社数は3.8社、平均参加社数は2.5社で、どちらも前月から微増している。

これまでに応募・申し込みしたことのある割合
これまでに応募・申し込みしたことのある割合
これまでに参加したことのある割合
これまでに参加したことのある割合
インターンシップ平均応募社数推移
インターンシップ平均応募社数推移
インターンシップ平均参加社数推移
インターンシップ平均参加社数推移

 12月にインターンシップへ参加した学生に対して、参加したすべてのインターンシップに関してどのような形式だったかを尋ねたところ、「WEBのみ(対面なし)」のインターンシップに参加したと回答した学生は全国平均で72.7%に達し、北海道は全国で唯一、9割を超えた。

今月インターンシップに参加した学生 参加した開催形式(複数回答)
今月インターンシップに参加した学生 参加した開催形式(複数回答)
「WEBのみ(対面なし)」のインターンシップに参加した学生の割合(地域別)
「WEBのみ(対面なし)」のインターンシップに参加した学生の割合(地域別)

 参加したインターンシップについて、開催形式別に満足した点を尋ねた質問では、対面形式よりもWEB形式で「事業内容・企業情報が理解できた」という回答が多かった。WEB開催ならではの満足点としては「自宅からなど、リラックスできる環境で参加できた」が3割超で、「移動時間がないので授業やバイトの合間にも参加しやすかった」「遠方の企業のインターンシップにも参加しやすかった」も2割以上に達している。

WEB開催のインターンシップについて満足した点
WEB開催のインターンシップについて満足した点

 不満点としては、通信環境やWEB会議ツールの操作性を挙げる回答は1割程度に留まった。

WEB開催のインターンシップについて不満だった点
WEB開催のインターンシップについて不満だった点

 対面形式のインターンシップに対する満足点としては、「企業の社風や雰囲気が理解できたかどうか」において「理解できた」という回答が57.7%で、WEB形式と比較して11.8ポイント多い。また、「理解できなかった」という回答は8.3%で、WEB形式と比較して11.7ポイント少なかった。

対面開催のインターンシップについて満足した点
対面開催のインターンシップについて満足した点

 対面開催ならではの不満点では、「企業への訪問にかかる交通費が負担だった」「授業やバイトとの時間調整が難しかった」「コロナウイルス感染の不安があった」が上位を占めている。

対面開催のインターンシップについて不満だった点
対面開催のインターンシップについて不満だった点

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0