EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

岐阜県のすべての県立高校の生徒がSurface Goを学習端末として利用開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/19 12:45

 日本マイクロソフト株式会社は11月18日、岐阜県教育委員会が4万2000台のSurface Goを県立高校のすべての生徒に展開することを発表した。2020年11月から学習用端末としての利用を開始する。

 昨年にSurface Goを4000台、今年にSurface Go 2を3万8000台、同数のOffice 365ライセンスとともに導入した。教育機関におけるSurfaceの導入台数としては国内最大規模と説明している。

 岐阜県では「岐阜県教育振興基本計画(第3次岐阜県教育ビジョン)」において、自立力・共生力・自己実現力を身に着けることで、世界的な視野を持ち、新しいことにチャレンジして、学生が夢に向かって頑張れる教育を推進している。

 中でも今後5年間で重点的に取り組む施策の一つとして、「ICT環境の整備と利活用の推進」を掲げており、Surface Go 2が持つデジタル教材や教育アプリと高い親和性やペンやキーボードの操作性から、最適な学習端末として評価されたという。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0