Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ベネッセと放送大学、小学生を対象にしたプログラミング教育の共同研究授業を千葉県柏市で開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/19 11:00

 ベネッセコーポレーションは、放送大学の中川一史研究室と共同で、千葉県柏市内の小学生を対象にしたプログラミング教育の共同研究授業を、10月に開始する。

 共同研究授業では、柏市の小学4~6年生、および特別支援学級の生徒を対象に、プログラミング教育を取り入れた算数や理科などの授業、授業実施前後の指導教員のサポートを行う。

 研究授業で得た知見は、中川一史教授による監修のもと、評価規準のさらなる精緻化、授業カリキュラムを含めた授業指導案の立案、教員支援のために活用する予定。また、研究授業の結果は平成30年3月の発表を予定している。

 ベネッセコーポレーションは、中川一史研究室とともに、研究授業実施に向けた教員サポート、指導カリキュラム作成支援などを担当する。

 このほか、文部科学省が主催する「消費者教育フェスタ in 柏」(11月2日9時~16時30分)の一環として、柏市立柏第三小学校において公開授業を行う。授業内容は5年生の家庭科「じょうずに使おうお金と物2」で、午前の部にて実施する。


【関連リンク】
ベネッセグループ
公開授業見学申し込みページ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0