EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

高校生の多くが成績に関係なく「人の役に立ちたい」と回答、「全国統一高校生テスト」受験者に調査

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/24 07:00

 ナガセは、6月に実施した「全国統一高校生テスト」を受験した高校生に対して実施した独自アンケートの結果から、学力ごとに「リーダーになること」「人の役に立つこと」に対する意識についての調査結果を9月22日に発表した。

 同調査では、「全国統一高校生テスト」の結果を踏まえて、高校3年生なら英国地歴または英数理、2年生・1年生は英数国の3教科における合計点で5つのグループに分けて、分析を行っている。

 調査対象者に、リーダーとして多くの人を動かしていきたいかを訪ねたところ、学力レベルが上がるほど「とてもそう思う」「そう思う」の比率が高くなったものの、大きな差はみられなかった。もっとも成績上位のグループでも、「とてもそう思う」と「そう思う」の合計は40.1%に留まった。

リーダーとして多くの人を動かしていきたいか

 人の役に立ちたいと思っているかを尋ねた質問では、「とてもそう思う」と「そう思う」の合計はどのグループもほぼ同等だった。成績に関係なく、大多数の高校生が「人の役に立ちたい」と思っていることがわかる。

人の役に立ちたいと思っているか

 「リーダーとして多くの人を動かしていきたい」と「人の役に立ちたいと思っている」の相関関係をみると、リーダー志向が強いほど、人の役に立ちたいという思いが強いという傾向が見られる。また、リーダーになりたいとまったく思っていない層でも、58.9%の高校生が「人の役に立ちたい」と思っている。

「リーダーとして多くの人を動かしていきたい」と「人の役に立ちたいと思っている」の相関関係

 また、人の役に立ちたいと思っているかという質問に対する、「とてもそう思う」と「そう思う」の合計がもっとも多かったのは、リーダー志向の度合いが2番目に高い「そう思う」の層(93.4%)だった。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0