EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

AI先生「atama+」が家庭でも利用可能に、塾におけるアフターコロナの学習形態へ対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/10 12:00

 atama plusは、家庭や自習室などの学習時間にもAI先生「atama+」で学習できるサービスの提供を開始した。すでに、能力開発センターや駿台予備学校、城南予備校DUO、Z会グループの大学受験ディアロなどが、「atama+」を活用したコースを拡張し、生徒の学校外学習を支援している。

「atama+」が家庭や自習室での学習にも対応

 「atama+」は、2月末より自宅のパソコンやスマートフォンのWebブラウザ経由での利用が可能になっており、新型コロナウイルス感染症の影響によって、塾・予備校が対面授業を自粛している間も、オンライン授業の実施によって生徒の学びを継続できるようサポートしてきた。

 新型コロナウイルス感染症をきっかけにした、教育への価値観の変化を受けて、同社はこれまで対面またはオンラインで実施してきた塾の授業時間内に加えて、家庭や自習室での学習時間でも、「atama+」を活用して生徒の学校外学習を支援するサービスの提供を開始する。同サービスによって、生徒は時間や場所に制約されることなく学習が可能になり、常に1人ひとりに最適化された教材で学べるようになる。

 家庭や自習室での学習でも、生徒の学習姿勢や進捗といったデータは、講師向けアプリ「atama+ COACH」に蓄積されるので、講師は生徒の授業時間外も含む学習データを確認しながらコーチングを行える。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0