EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

プログラミング学習プラットフォーム「スクーミー」を用いて、地域内で活用可能な仕組みを作るコミュニティが開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/25 12:20

 IT活用の取り組みを支援する、学習教材プラットフォーム「スクーミー」は、データの利活用と地域課題解決のアプリケーション開発を目的としたクリエイターコミュニティ「Glideクリエイターズ」を立ち上げ、メンバーの募集を開始することを6月24日に発表した。

 本コミュニティは、無料で使えるアプリケーション開発ソフト「Glide」と、Google スプレッドシート、「スクーミー」を活用してアプリ開発を行いながら、地域のデータ利活用や地域情報を住民へ共有できる人材を育成し、その地域で使う仕組みを地域内で作り上げることを目標としている。IT教育の観点からも活用できるコンテンツがそろっているため、アプリ開発の初心者でも取り組みやすい。

 またICTを活用することで、地域課題解決に限らず、自らが主宰するイベントやコミュニティをより良いものにするスキルを身に付けることを目指す。アプリ制作のスキルを習得し、データの利活用の方法などをメンバー同士でディスカッションしていく。

 具体的な例としては、地域のオープンデータであるAEDの位置情報や追加情報、付近の写真や動画を公開できる仕組みや、飲食店のテイクアウト情報やそれに対して店舗が情報を追加することができる仕組みを作るなど、地域内で活用できるものを作成する。

 メンバーの募集期間は6月24日から7月8日まで。募集人数は10名程度で、対象者は18歳以上でスクーミーのプロアカウントを持っている人。なお、プロアカウントの取得には年間3000円が必要。今回の第1次募集の参加者に関しては、アカウント取得以外の費用はかからない。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0