EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

大日本印刷、「評価分析機能付きテストシステム」を開発

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/19 07:00

 大日本印刷は、同社が提供する学びのプラットフォーム「リアテンダント」の新機能として、在宅などのリモートの学習環境における定期テストの実施を可能にし、解答結果からAIにより学習者の理解度を分析し、復習が必要な学習課題とその優先順位を提示する「評価分析機能付きテストシステム」を開発したことを、6月17日に発表した。

「評価分析機能付きテストシステム」の概要
「評価分析機能付きテストシステム」の概要

 「評価分析機能付きテストシステム」では、生徒がタブレット端末上でタッチペンを使って教員が制作したデジタルテストに解答する。

 教員は、オリジナルのテスト問題を制作可能で、あわせてコスモトピアの単元テスト(小・中学生向け)と、大日本印刷オリジナルの小学校算数単元テスト(小学4~6年生向け個別復習用教材付き)も利用できる。

 授業後の小テストだけでなく、中間・期末の定期考査にも利用可能で、答案を効率的に採点できるデジタル採点機能を搭載しているので、設問ごとに解答が一覧表示され、クリックするだけで採点でき、採点ミスを減らせるとともに、教員の負荷を軽減する。

 さらに、採点結果からAIが児童・生徒の習得度を解析して、復習に必要な学習課題とその優先順位を提示するので、教員はその結果から児童・生徒それぞれに応じた指導につなげられる。

 そのほか、大日本印刷は日本マイクロソフトと協力して、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」の実現に向けて、同システムをタブレット端末「Surface Go 2」のオプションとして提供する。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0