SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

イベントレポート(EdTech動向)

休校中、Google for Educationを活用した2校の事例――オンライン授業の実現に大切なこととは?

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国の学校が休校措置をとった。そのような状況の中、オンラインでの学びに挑戦する学校も多数見られた。6月11日にオンラインで開催された「Google for Education を活用した遠隔学習に関する記者説明会」では、埼玉県立越谷南高等学校と関西学院千里国際中等部・高等部の2校の事例が発表された。

コロナ禍により、全世界のユーザーが1カ月で倍増

 説明会の冒頭では、Google for Education APAC 統括のコリン・マーソン氏が登場した。

Google for Education APAC 統括 コリン・マーソン氏
Google for Education APAC 統括 コリン・マーソン氏

 コリン氏はまず、「今はいつでも、どこにいても学び続けられ、やり取りができる環境が求められている」と述べ、「Google for Education」の特徴について説明。

 Google for Educationは端末「Chromebook」とクラウド型教育プラットフォーム「G Suite for Education」で構成され、G Suite for Educationにはクラス管理ツールである「Google Classroom」が含まれる。Google Classroomは今年の3月上旬時点で、全世界において約5000万人のユーザーを抱えていたが、1カ月後の3月末には1億人ほどになり、倍増している。長期的な視点では、国家レベルでG Suite for Educationのアカウントを用意し、すべての児童生徒一人ひとりに展開する国もあるという。

 日本においても、文部科学省が提唱するGIGAスクール構想に合わせ、同社は「Google GIGA School Package」を用意。端末とG Suite for Education、研修・サポートを一括で提供する。

Google GIGA School Package
Google GIGA School Package

 これらGoogle for Educationのサービスについて、同社 市場開発担当課長 兼 Google for Education認定トレーナーの上原玲氏よりデモンストレーションが行われた。

 上原氏はまず「Googleフォーム」を活用し、アンケートやテストを作成するデモを実施した。テスト内には画像や動画を掲載することができ、回答形式や配点も柔軟に設定可能だ。デジタルの特徴を活かし、自動集計・自動採点も簡単で、児童生徒の理解度や、リアルタイムでの意見の可視化も容易となる。

単一回答、複数回答、記述式回答が選択でき、画像を使った問題も作成可能
単一回答、複数回答、記述式回答が選択でき、画像を使った問題も作成可能

 デモでは理科の小テストにGoogleフォームを活用し、回答分布の表示や誤答の多かった質問がピックアップされる例が紹介された。

理科の小テストでの活用例 理科の小テストでの活用例
理科の小テストでの活用例

 アンケートとしては、健康調査の例を紹介。児童生徒一人ひとりの体温をスプレッドシート上で集計するデモが行われた。

 続いて上原氏は、課題の一元管理ができる授業支援アプリ「Google Classroom」の活用方法について紹介した。メイン機能である「ストリーム」は掲示板の役割を持つ機能。教員だけでなく児童生徒からも情報を発信でき、インタラクティブなコミュニケーションが実現する。また、動画やGoogleスライドも掲載可能なため、「次の授業までに見ておくように」と、反転学習でも活用できる。

ストリームには動画やスライドも投稿できる
ストリームには動画やスライドも投稿できる

 ほかにも、「課題の一元管理」が可能とあって、専用のGoogleドライブで課題のやり取りを行ったり、提出期限をGoogleカレンダーで管理したりするなど、Googleの各種アプリとの連携がスムーズにできる特徴も紹介された。

次のページ
教員のひたむきなチャレンジにより、スピード感を持って活用を推進

この記事は参考になりましたか?

イベントレポート(EdTech動向) 連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森山 咲(編集部)(モリヤマ サキ)

EdTechZine編集部所属。好きな言葉は「愚公移山」。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/3984 2020/06/16 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング