EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

AIの仕組みが絵本でわかる!リンダ・リウカスが贈る『ルビィのぼうけん AIロボット、学校へいく』

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/24 07:00

 EdTechZineを運営する翔泳社では、3月24日(火)に、フィンランドのプログラマーで作家のリンダ・リウカスさんが手がける絵本シリーズ『ルビィのぼうけん AIロボット、学校へいく』を発売しました。本書は主人公のルビィが学校にロボットを連れていき、AIがどのように学習をするのかを物語で描いた作品です。楽しみながら取り組める練習問題も収録、AIがどんなものなのか理解を深めることができます。

ルビィのぼうけん AIロボット、学校へいく』は、リンダ・リウカスさんによる「ルビィのぼうけん」シリーズの最新作。今回の舞台は学校、テーマはAIです。

 本シリーズはコンピューターやプログラミングをテーマに、論理的に考える力や創造力を養うことのできる知育絵本。前作には『こんにちは!プログラミング』、『コンピューターの国のルビィ』、『インターネットたんけん隊』があります。

 今回の『AIロボット、学校へいく』のテーマはAI。主人公のルビィがAIロボットを学校に連れていき、一緒に勉強する様子が描かれます。AIが当たり前になっていくこれからの時代、その利便性を充分に活かすにはAIを得体の知れないものではなく、友達のような存在として理解することが大切です。

 ルビィたちがロボットと交流する姿は、リンダさんが想像する人間とコンピューターの理想的な関係。本作を通じて、子どもたちにもAIとの付き合い方を少しでも知ってもらえればと幸いです。物語パートを読み終わると、さらにAIについて理解を深められる練習問題がありますので、ぜひ大人の方が一緒になって取り組んでみてください。

内容を一部紹介

ルビィのぼうけん1
ルビィのぼうけん2
ルビィのぼうけん3
ルビィのぼうけん AIロボット、学校へいく

Amazon SEshop その他


ルビィのぼうけん AIロボット、学校へいく

著者:リンダ・リウカス 訳者:鳥居雪
発売日:2020年3月24日(火)
価格:1,800円+税

本書について

本書はフィンランドのプログラマー、絵本作家のリンダ・リウカスがつくった、親子で楽しくAI(人工知能)について学べる知育絵本です。大きく2つのとパート、「ストーリー」と「れんしゅうもんだい」に分かれています。

 



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

    翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0