EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ベビーシッターマッチング「キッズライン」、内閣府「企業主導型ベビーシッター派遣事業」割引に対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/02 19:15

 キッズラインは、同社が運営するベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」にて、すべての新規利用者へ初回3000円の割引を実施する。また、内閣府の「企業主導型ベビーシッター派遣事業」割引券の補助対象となるベビーシッターが、約1000名登録されている。

 キッズライン」では、全国小中高の臨時休校要請を受けて、子どもの預け先に不安のある家庭向けに、2月27日~3月末日までキャンペーンを実施。新規登録時に「kidsline2020」のクーポンコードを入力するとすぐに利用できる3000円分のポイントが付与される。

 また内閣府は、2月28日に、3月の内閣府ベビーシッタ補助券の利用枠を最大26万4000円まで引き上げる方針を緊急発表した。

 「企業主導型ベビーシッター派遣事業」割引券は、通常ならベビーシッター利用1回につき、対象児童×2200円の割引で、1日あたり1枚まで(月最大24枚まで)の利用上限がある。

 今回、発表された利用枠の引き上げによって、3月限定で1日あたりの割引券の利用枚数の上限が撤廃され、月最大120枚まで利用できる。この措置によって、3月にベビーシッターを利用した場合は、最大26万4000円が補助される。対象には、乳幼児または小学3年生までの児童、そのほか健全育成上の世話を必要とする小学6年生までの児童が含まれる。

 同割引券制度は、企業が導入することで従業員がベビーシッターの補助を受けられるもので、メールによるオンライン申請が可能で、申請すればすべての企業が1週間程度で利用を始められる。

 「キッズライン」で同割引券を利用するには、サポーター検索画面の絞り込み機能で、「内閣府補助券対象シッター」を指定することで、同割引券の対象となるベビーシッターを検索できる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0