EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

AKA、人工知能エンジン「MUSE」のAPI提携と英会話アプリ開発SaaSを開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/28 12:30

 AKAは、英語教育事業を行う法人を対象に、ソフトウェア事業(SaaS)を開始したことを、2月27日に発表した。

 同社は、人工知能エンジン「MUSE」を開発するとともに、英会話学習に効果的な技術を搭載した英会話AIロボット「Musio」を提供しており、全国100以上の教育機関への導入などを行っている。その実績をもとに「MUSE」技術をAPI化し、ソフトウェア事業を展開していく。

 新たに提供を開始するAPIでは、おもに社内エンジニアが在籍する法人を対象に、発音チェックや反復練習、学習分析機能、トピック別チャットの技術提携を可能にしている。

 提供するAPIは、独自の自然言語処理技術を用いた英会話エンジンでのフリーチャット機能である「AI Free Chat API」、初心者向けの320以上のトピックやシーン別チャット、返答候補文の提示、オリジナルのトピックやシーン追加が可能な「Learner's Chat API」、発音チェックや学習内容の反復チェックができる「EDU Mode API」、発音精度や会話文脈の正当性、文章の長さなどの項目から学習内容を可視化するとともに、学習成績や履歴などを可視化して管理可能な「Analysis API」を用意する。

 なお、社内にエンジニアが在籍しておらず、自社でのAPI導入が困難な法人には、要望する機能をヒアリングした上で、それぞれの法人専用英会話アプリ開発を請け負う。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0