EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

電子書籍シリーズ「WAO文庫」最終巻『子どものころのこと』が発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/29 15:35

 ワオ・コーポレーションが発刊している電子書籍シリーズ「WAO文庫」の最終巻となる、『子どものころのこと』が、8月28日にアマゾンKindleストアおよび楽天koboで発売された。税込価格は216円。

『子どものころのこと』
『子どものころのこと』

 『子どものころのこと』は、自然とのふれあいや友人とのかかわりなど、幼少期の体験を描いた作品の短編集で、おもな読者対象は小学校高学年~中高生。

 収録作品は以下の通り。

  • 土田耕平「海坊主の話」「時男さんのこと」
  • 有島武郎「溺れかけた兄妹」
  • 桜間中庸「影絵師」
  • 新美南吉「花をうめる」
  • 島崎藤村「ふるさと」

 掲載作品は、すべて現代かなづかいに改められ、小学5年生以上で学習する漢字にはすべてルビ(ふりがな)をふって読みやすくしている。また、難しい言葉や昔の制度・文化については、画面に触れるだけで意味や時代背景が表示されるようにした。

 「WAO文庫」は、日本や日本の心に触れられる物語を通して、子どもたちの教養の育成を目的としている。大正時代~昭和前期の児童作品から、現代の子どもが楽しめる90編を厳選し、わかりやすく10巻に編集し直した。素材には、著作権切れ作品をネット上に集めた「青空文庫」を利用している。


【関連リンク】
ワオ・コーポレーション
『子どものころのこと』(アマゾンKindleストア)
『子どものころのこと』(楽天kobo)



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0