Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

NTTドコモ、英会話をリアルタイムに書き起こす「Otter」の日本展開に向けた協業開始、英会話レッスンでの活用検証も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/24 07:00

 NTTドコモは、英語音声を自動で文字起こしする音声認識AIサービス「Otter」を提供するAISense(Otter.ai)と、日本での事業展開に向けた協業を開始したことを、1月22日に発表した。

 NTTドコモとOtter.aiは今後、国内での「Otter」の普及に向けたビジネスモデルの検討などに取り組むとともに、「はなして翻訳」で培った会話系翻訳のノウハウを持つNTTドコモ、機械翻訳サービス「Mirai Translator」を提供するみらい翻訳、Otter.aiの3社で連携し、新たなサービス開発を進めていく。

 また、NTTドコモの100%子会社であるNTTドコモ・ベンチャーズを通じて、2019年12月12日にOtter.aiに出資した。

 「Otter」は、会議やインタビュー、講演といったさまざまな場面で英語の会話をリアルタイムにテキスト化する、AIを活用したサービス。

 前後の文脈に合わせて文章を自動で修正しながら、リアルタイムに精度の高い文字起こしが可能で、ユーザーの音声をAIが学習して話し手を明確に識別し、ラベリングして記録する。録音した音声を再生する際には、該当のテキスト部分をハイライト表示し、テキスト化された部分をタップすると該当箇所を再生できる。

「Otter」の画面イメージ
「Otter」の画面イメージ

 「Otter」の普及に向けた市場調査の一環として、NTTドコモは1月8日からベルリッツ・ジャパンが展開する「ベルリッツ・ランゲージセンター」において、受講生への「Otter」の利用案内を開始している。レッスンを「Otter」で録音することで、授業内での会話が文字として記録され、そのテキストから録音された音声を再生可能なので、学習の振り返りによる効果などを検証する。

 さらに、1月23日~24日に開催する「DOCOMO Open House 2020」では、英語でのプレゼンテーションを「Otter」で書き起こした英文を、みらい翻訳とNTTドコモが共同開発した機械翻訳エンジンでリアルタイムに日本語へ翻訳し、双方をスクリーンに表示するデモを行う。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0