SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

親子で楽しくプログラミングを学べる特設サイト「CODEPARK」がオープン

 ウィンドウズデジタルライフスタイルコンソーシアムは、家庭で楽しくプログラミングを学べる特設サイト「CODEPARK」を、11月8日に公開した。

CODEPARK

 「CODEPARK」は、東大卒クイズ王の伊沢拓司さんをアンバサダーに起用し、手のひらサイズのマイクロコンピュータ「micro:bit」を使用して、フタを開けると音楽が流れる「プレゼントボックス」や、パーティーを盛り上げる「相性診断装置」など、クリスマスに向けてクリスマスパーティーを盛り上げられるものをプログラミングで作ってみるきっかけとなる、さまざまな作品を公開していく。

 アンバサダーの伊沢さんも、「micro:bit」を使って自ら初体験のさまざまなプログラミングコンテンツを体験し、プログラミングしたもので遊んでみる動画を、2019年末までに2話公開予定で、第1話の動画ではクイズ王ならではの「早押しボタン」をプログラミングで作る。また、第2話ではクリスマスパーティーを盛り上げる作品づくりに挑む。

 「CODEPARK」で公開するサンプルコードは、ドリルというかたちでダウンロードが可能で、プログラミング未経験の人でもドリルを印刷して手元に置き、親子で手順などを確認しながらプログラミング体験を進められる。また、作品は「子どもたちが家庭や学校ですぐにやってみたくなる」こと、「お金をかけず、身近なものや、100円ショップまたはネットショップで手軽に手に入るものを使う」ことを主軸にしているので、誰でも気軽に楽しむことができる。

 このほか、一部の家電量販店でも、同ドリルを使用した体験イベントの開催を予定している(日時や会場は「CODEPARK」内で公開予定)。また、「なぜプログラミング教育が始まり、何を学び、何が身につくのか」「そのために親としてどのようなサポートができるか」といった、今後のIT教育に関する不安を解消するQ&Aも用意している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

修正履歴

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/2908 2021/12/28 13:24

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング