EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

デジタルハリウッド、品川女子学院の竹内教諭を招いた私塾向けセミナーを開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/31 15:50

 デジタルハリウッドが展開する、eラーニングを活用した教育活性化サービス「デジタルハリウッドアカデミー」は、地域のICT教育向上に関心を持つ学習塾やプログラミングスクールといった企業を対象にしたセミナー「品川女子学院情報科教諭と考える 中学高校世代のプログラミング・デザイン教育への対応 ~公教育の限界と民間教育の可能性~」を、11月21日に同社(東京都千代田区)で開催する。参加費は無料。

 同セミナーでは、品川女子学院の教員である竹内啓悟氏を講師として招き、公教育でのプログラミング・デザイン教育における、自身のベストプラクティスの紹介と、そこから見えてきた深刻な課題について解説してもらう。さらに、課題克服のために民間教育に期待したい内容について、竹内氏の考えを聞く。

 当日のプログラムは以下の通り。

  1. ここまで出来る!中学・高校でのプログラミング・デザイン教育 ~カリキュラム/教材/実施環境編~
  2. ここまで出来る!中学・高校でのプログラミング・デザイン教育 ~先生に必要なスキル/役割編~
  3. やってみて分かった!公教育での強みと弱み
  4. 民間教育に期待したいこと
  5. デジタルハリウッドが貢献できること
  6. 質疑応答、名刺交換

 開催日時は11月21日16時30分~18時(16時受付開始)で、会場は御茶ノ水ソラシティ アカデミア3階。定員は20名(先着順)で、事前予約が必要。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0