Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

自宅でプログラミングが学べる「LOGY」の教材として「obniz」が採用、教育機関向けプログラムも開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/01 12:20

 自宅でプログラミングが学べるサービス「LOGY」を運営するYokiは、IoTハードウェア「obniz」を展開するCambrianRoboticsと正規代理店契約を締結したことを、9月30日に発表した。

 「obniz」は、インターネットに繋がり、パソコンやスマートフォンなどさまざまなデバイスから操作ができるIoTクラウドサービス。IoTを容易に実現ができるハードウェアの「obniz Board」をプログラミング教育教材として活用することで、従来のような一方的なプログラミングではなく、双方向のやりとりの実現が可能となる。

 なお、今回の正規代理店契約により、「LOGY」の授業教材として「obniz」が採用されるだけでなく、学校や学習塾などをはじめとした代理店「LOGY教育機関向けプログラム」が開始される。「obniz」を活用した教育コンテンツのOEM提供や、導入支援などが行われる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0