Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

中高生向けSNS「ひま部」、不登校・高校中退の悩み相談室をアプリ内に設置

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/10 13:50

 ナナメウエは、認定NPO法人D×Pと連携し、同社が開発・運営するコミュニティアプリ「ひま部」にて不登校・高校中退等の悩み相談窓口を9月5日より期間限定で設置した。

 「ひま部」は1日の投稿数が600万回を超える学生限定アプリ。人間関係、病気、進路、中退や不登校など、親や先生など身近な大人に言えない深刻な相談がアプリ上で行われることがあり、相談した当人も、相談をされた人も、どこに相談したらいいのかわからないケースもある。

 そこで、通信・定時制高校の生徒や中退・不登校経験のある10代を対象にLINE@で相談に応じるNPO、D×Pと共に、ひま部の機能であるサークル内に「D×P不登校・高校中退悩み相談室」を開設した。

 試験運用を開始して2日間で71人のユーザーが登録し、160件のコメントがあった。D×Pのスタッフが相談に応じるのはもちろん、学生ユーザーが悩みを持つユーザーを連れてくるなど、ユーザー間の相互的な支え合いも起こっている。

 同相談室は期間限定の設置となっているが、終了日は未定。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0