EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

AI型タブレット教材「Qubena」、教育市場で普及が進むChromebookに対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/07 19:00

 COMPASSは、同社が提供するAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が、Chrome OSを搭載したChromebookに対応したことを、6月6日に発表した。

 Chromebookは、利便性の高さ、管理・運用のしやすさ、セキュリティ、低コストでの導入・運用が可能といった理由から、教育機関に適した端末として、近年日本でも学校や自治体での採用が拡大している。

 今回の「Qubena」のChromebookへの対応は、Chromebookを利用している学校・学習塾・自治体からの問い合わせが多かったことを受けて行われた。

 現時点での対応機種は「Acer Chromebook Spin 11 R751T-N14N」「ASUS Chromebook Flip C101PA」「ASUS Chromebook Flip C213NA」で、対応範囲は小学算数・中学算数。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0