Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

クラーク記念国際高等学校、自律学習支援型プログラム「NET+コース」を新規開講

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/02 17:00

 創志学園が運営するクラーク記念国際高等学校は、自律学習支援型プログラム「NET+(ネットプラス)コース」を、2019年に千葉、名古屋、京都、大阪梅田、福岡の5キャンパスで新規開講する。

 「NET+コース」は、「自ら学ぶ力」の獲得を目指したコースで、生徒の成長のために獲得を目指す思考力・判断力・表現力・主体性・協働性・多様性の6つのスキルを兼ね備え、自身の人生を自ら決断できる力を持った生徒の育成を目標としている。

 生徒1人ひとりに対して、学習心理支援カウンセラーの資格を持つ教員がコーチング担任として学習をサポートし、パーソナルトレーニングジムのようにそれぞれの目標に合わせて学習計画を立て、目標設定・実行・評価という自律学習のサイクルに基づくサポートや、学習の動機付け・学業ストレスのケアなどを行う。

 同校の独自開発による映像授業を中心として開講し、高校卒業資格のための映像授業に加えて、大学進学のための映像授業を用意しており、いつでもどこでも学べるようになっている。勉強に集中したい場合は、各キャンパスに設置した大学生チューターが常駐する自習室も自由に使える。

 さらに、外部教育機関との連携によって、学びたいことを任意に追加受講可能な「プライムコンテンツ」として、HTML/CSS、JavaScript、PHP/MySQL、Java、Swift、Python、Cを用いたプログラミングを学習できる「NET+プライム プログラミング」と、ICTを活用しながらネイティブ教員から直接英会話の指導を受けられる「NET+プライム インターナショナル」も用意している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0