Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

慶應義塾幼稚舎がSalesforceを採用、教職員・児童・保護者がつながるコミュニティ形成を目指す

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/19 13:30

 セールスフォース・ドットコムは、慶應義塾幼稚舎が「Salesforce Community Cloud」と「Salesforce Platform」を採用したことを、3月19日に発表した。

 慶應義塾幼稚舎は、2024年の創立150周年に向けて、将来を見据えて校内環境整備やカリキュラムの見直し、ICTに対応した教育の拡充などに取り組んでいる。

 学校におけるICT活用の一環としては、同校のコミュニティサイトを「Salesforce Community Cloud」で構築し、教職員、保護者は「Salesforce Platform」を介してログインし、学籍情報の管理、献立表や年間行事予定表、学校からの配布物の閲覧、住所や緊急連絡先などの変更、行事における保護者の出席者管理、児童活動やクラブ活動などの記録管理および活動管理、といった用途に利用していく。

 これまでは、このような児童情報の管理はすべて紙ベースで回収し、教職員が入力作業を行い、紙を発行して保護者に確認してもらう、というプロセスが多くあった。今回のSalesforceの導入によって、学校とのさまざまなやり取りをコミュニティサイトに集約することで、保護者への確認がメール通知によってスムーズに行えるようになる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0