SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

Kids Code Club、米NPOと共同で無料オンライン学習サービスのクローズドβテストを開始

 Kids Code Club(キッズコードクラブ)は、米シアトルの非営利団体Seattle IT Japanese Professionalsと共同で、「英語で学ぶコンピュータサイエンス」参加者を対象にした、学ぶとポイントがもらえる無料オンライン学習サービスのクローズドβテストを、2月28日に開始した。

 「英語で学ぶコンピュータサイエンス」は、Seattle IT Japanese Professionalsの取り組みに賛同し、平成30年にシアトル・熊本・札幌・福岡をビデオ会議システムでつないで、シアトル在住のITエンジニアを講師に、5回に渡って実施されたワークショップ。

「英語で学ぶコンピュータサイエンス」ワークショップの様子
「英語で学ぶコンピュータサイエンス」ワークショップの様子

 コンピュータサイエンスや英語を正しく理解することだけを目的とせず、英語やテクノロジーへのチャレンジを「楽しかった!」という気持ちとともに記憶に残してもらうとともに、シアトル・熊本・札幌・福岡をオンラインでつなぐことによって、「物理的な距離は克服できる」「世界はつながっている」と体感してもらうことを目的としている。

 Kids Code Clubが担当した福岡会場では、ワークショップに参加した子どもたちに独自のポイントを配布し、地域のIT企業からボランティアで参加した現役エンジニアのメンターや、教え合った友だちへ、メッセージとともにポイントを贈り合ってもらった。子どもたち1人ひとりのさまざまな気持ちがポイントとともにやりとりされたことで、はじめて会った子ども同士、子どもとメンター間で、自然と交流が生まれている。

 今回のクローズドβテストは、オフラインのイベント時だけでなく、ワークショップ会場に来ることができない子どもたちにも参加してもらうことを目的に開始された。

 Kids Code Clubが提供するポイントシステムは、学びを報酬に変えるSTEAM学習プラットフォームで、好きなことを学びながらオンラインで世界中と繋がってコミュニティを形成し、学ぶことでインセンティブが得られる経済圏を構築することによって、子どもを取り巻く「お金」と「教育」の課題を解決し、どんな家庭環境の子どもでも、楽しく自由に学びながら生きる力が育める社会をつくることを目指している。

Kids Code Clubが提供するポイントシステムの概要
Kids Code Clubが提供するポイントシステムの概要
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/1929 2019/03/01 16:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング