Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

大阪明星学園 明星高等学校、ジョイズのAI英会話学習アプリ「TerraTalk」を導入

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/25 12:05

 大阪明星学園 明星高等学校(大阪府大阪市)は、ジョイズが運営しているAI英会話学習アプリ「TerraTalk(テラトーク)」を導入した。

 「TerraTalk」は、AIとの英会話を通じてスピーキング学習ができる、スマートフォン、タブレット端末対応英会話アプリ。さまざまな場面での実践的な英語をバランスよく習得することが可能で、アプリが発音や表現を自動的に診断し、英語の苦手を特定・解決できる。

 中高一貫校である明星高等学校は、高校受験を経験しない生徒が多く、受験前後の学年である中学3年時と高校1年時の生徒には、家庭学習を含めた継続的な学習習慣の定着が重視されていることや、英語のスピーキング科目では、対面での指導が効果的ながら、教員への負担も大きいことから、「TerraTalk」の導入に至った。

 今回の「TerraTalk」の導入は、基礎文法の定着や外部検定試験のスコア上昇を目的としており、高校1年生の英語の授業にて、週1回「TerraTalk」を活用していく。

 なお、これまで同校のICTを活用した授業はパソコンのみだったが、今回ジョイズが貸与したタブレット端末を授業内で活用することで、学校のタブレット端末と生徒の自宅にある端末とを連携した学習が可能になり、生徒は授業の続きを自分のスマートフォンなどを使って、自宅や外出先で継続して学習できるようになる。

 導入対象は高校1年生約150名。利用コースは「高校1年生文法基礎コース」や、海外旅行時の基本的な英会話を学習可能な「ワールドトラベラーコース」のほか、各種外部検定試験の対策コースなど計50コース。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0