SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

「小学校に入るまでに英語教育を始めたほうがいいという親が7割」、2020年度教育改革に関するアンケート(イー・ラーニング研究所調べ)

 イー・ラーニング研究所は、子どもがいる親を対象に実施した「2020年度教育改革に関するアンケート」の結果を、11月27日に発表した。

 「2020年度教育改革に関するアンケート」は、全国の子どもを持つ20代~50代の男女326名を対象に、11月1日~15日の期間に実施している。

 「2020年度の教育改革により、小学校における道徳教育が教科化されることを知っていますか」を尋ねたところ、「はい」が70%、「いいえ」が30%だった。

2020年度の教育改革により、小学校における道徳教育が教科化されることを知っていますか

 「小学校での道徳教育は必要だと思いますか」を尋ねた質問では、「はい」が98%、「いいえ」が2%となっている。

小学校での道徳教育は必要だと思いますか

 「小学校での道徳教育は必要だと思いますか」に「はい」と答えた人に、「小学校での道徳教育に求めることは何ですか」(複数回答)と尋ねた質問では、「自分で考える力を養う」がもっとも多く、以下「人の豊かさを学ぶ」「「ありがとう」「ごめんなさい」などを自発的に言えるようになる」が続く。

小学校での道徳教育に求めることは何ですか

 「小学校のお子様が授業以外で道徳にふれる機会はいつですか」(複数回答)という質問では、「家庭内で道徳について話す」「友達や地域の方と話す」という回答が多かった。

小学校のお子様が授業以外で道徳にふれる機会はいつですか

 「2020年度の教育改革により、小学校における英語教育の変更があることを知っていますか」という質問では、「はい」が76%、「いいえ」が24%となっている。

2020年度の教育改革により、小学校における英語教育の変更があることを知っていますか

 「小学校での英語教育は必要だと思いますか」を尋ねた質問では、全員が「はい」と回答した。

小学校での英語教育は必要だと思いますか

 「小学校での英語教育に求めることは何ですか」(複数回答)を尋ねたところ、「日常的に使える英語を身につけること」「外国の人と交流すること」という回答が多い。

小学校での英語教育に求めることは何ですか

 「英語教育は何歳から始めるといいと思いますか」を尋ねた質問では、「小学校に入るまで」が7割を超えている。

英語教育は何歳から始めるといいと思いますか

 「英語はどのように学ぶといいと思いますか」(複数回答)という質問では、「インターネット・スマホアプリ」が「留学」「学校の授業」を抑えてトップになった。

英語はどのように学ぶといいと思いますか
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/1629 2018/11/27 13:05

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング