EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

コンテンツ教育学会、学会誌の論文を募集、締め切りは2019年1月18日

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/21 17:33

 コンテンツ教育学会は、学会誌の第3号を制作するにあたって、論文、報告といった原稿の募集受け付けを、11月19日に開始した。投稿締め切りは2019年1月18日、査読結果の通知は2019年2月1日、発刊は2019年3月8日で、2019年3月の研究大会にて配布を行う。

コンテンツ教育学会

 同学会は、コンテンツ産業分野における教育研究(コンテンツ教育)に加えて、ビジネススクールにおける教育研究の知見集積と発展を目的に、平成29年2月10日に設立された。国内では数少ない「コンテンツ」に特化し、あらゆるコンテンツ分野の論文を投稿できる学会で、コンテンツ産業やコンテンツビジネス、文化、政策、教育まで、幅広い分野を取り扱う。

 コンテンツに関わる研究者をはじめ、コンテンツの実務に関わる実務者にも幅広く門戸を開いており、コンテンツプロデューサーやMBAのビジネススクールなどにおける知見も研究範囲に含まれる。

 同学会では毎年論文を募集し、査読を行ったうえで該当論文を掲載した学会誌を制作しており、投稿規定や原稿執筆の手引きなど、投稿に必要な情報をまとめた投稿要領や、論文用テンプレートも公開している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0