Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

SAS Institute Japan、大学と連携したデータサイエンス・スキル認定プログラムを推進

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/20 16:44

 SAS Institute Japanは、滋賀大学、帝京大学、東京理科大学、同志社大学とMoU(覚書)を締結し、大学と同社が共同でデータサイエンス・スキル認定プログラムを推進していくことを、11月20日に発表した。

 同プログラムでは、大学と同社が共同で複数のデータサイエンス関連科目群を設定し、それらを受講して単位を取得した学生に対してデータサイエンス・スキルの認定を与える。

 同プログラムによって、企業や組織は客観的かつ実用的な認定資格に基づいて学生のデータサイエンス・スキルを評価できるようになり、学生の学習意欲向上にも寄与する。

 プログラムには、統計学の講義や計算機によるデータ分析手法の講義、現実社会の課題とデータを用いた分析実習や研究など、現実社会の課題とデータを使用した実習や研究が必須の科目が含まれるため、認定を取得した学生は即戦力としての社会での活躍が期待される。

 すでに、滋賀大学・データサイエンス学部では統計学と計算機科学を用いて現実社会の課題を解決するデータ分析のスペシャリストを認定する「Certificate in Data Science」、帝京大学・大学院公衆衛生学研究科では生物統計学を中心とした疫学・医学データ分析の専門家を育成する「Certificate in Biostatistics」、東京理科大学・理学部第二部/理学研究科では基礎となる統計的知識を持ちつつ、さまざまな業種・分野の企業のなかで即戦力となるデータ解析能力を持つ人材を育成する「Certificate in Computational Statistics」、同志社大学・文化情報学部ではあらゆる文化現象の解明に挑む基礎力と実践力を持ったデータ・サイエンティストを認定する「Certificate in Data Science」といった取り組みが行われている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0