Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

Amazon.co.jp、「Amazon知育・学習玩具大賞2018」を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/11 18:15

 Amazon.co.jpは、「Amazon知育・学習玩具大賞2018」を10月11日に発表した。

 「Amazon知育・学習玩具大賞2018」は、ユーザーが実際に使って「よい」と感じたおもちゃの中から、専門家がそれぞれの知見やユーザーの声を参考に、子どもの知的発達や好奇心を刺激するおもちゃを選定する賞。選考対象は、2歳~12歳向けのおもちゃ。

 「知育・学習玩具大賞」に選ばれたのは、アニメ『ポチっと発明 ピカちんキット』から生まれたBANDAI SPIRITSの「ピカちんキット シリーズ」。自然原理を理解して、自分の頭を使って工夫しながら課題を解決するという科学の基本的要素を、子どもが親しみを持てるキャラクター性の高い玩具に盛り込んでいる点が評価された。

ピカちんキット シリーズ
ピカちんキット シリーズ

 「部門賞:プログラミング」に選ばれたのは、Spheroの直線的、直角的な動きだけでなく、まるで生き物のように不規則で思わず追いかけたくなる動きをプログラミングを通して行うことが可能な小型ロボティックボール「スフィロ・ミニ」。プログラミングだけでなく、ゲームや顔の表情でボールを操縦するフェイスドライブなど多角的な遊びができるほか、コンパクトなサイズや、デザイン性の高さから家庭内でも楽しめて、プログラミングをより身近に感じられる点が評価された。

スフィロ・ミニ
スフィロ・ミニ

 「部門賞:サイエンス」に選ばれたのは、キャスト・ジャパンの回路を正しくつなげて、LEDの明かりを点ける電気回路のパズルゲーム「シンクファン サーキット・メイズ」。電気回路という直感的に理解しにくいものを、パズルの要素を取り入れることでわかりやすく、1人でも自主的に遊びながら学べることが評価された。

シンクファン サーキット・メイズ
シンクファン サーキット・メイズ

 「部門賞:英語」に選ばれたのは、Pechatのスマートフォンと連動する、ぬいぐるみにつけるボタン型スピーカー「ペチャット」。英語を学ぶうえで心理的な壁になりがちな「話しづらさ」を、ぬいぐるみなどの身近で愛着があるものを介することで和らげるとともに、英語を聞く・話す環境を作ることで、子どもは正しい発音で英語を聞くことができ、その時々の子どもの好きなものに付けられるので、より長い間楽しんでもらえる点が評価された。

ペチャット
ペチャット

 「審査員特別賞」に選ばれたのは、Teguの創造力を育むマグネット入り積み木「テグ 積み木 マグネットブロック」。磁石の力を使うことで、これまでの積み木では不可能だった形を作れることや、頭を使わなければ思ったように組み立てられないところ、デザインが美しく、遊んだ後に置いておくだけでもインテリアとして楽しめるため、美的センスを磨ける点が評価された。

テグ 積み木 マグネットブロック
テグ 積み木 マグネットブロック

 「Amazon特別賞」には、くもん出版の5色のボールがそれぞれ同じ色のゴールに入るように交差ピースと直線ピースを置きかえてボールが転がるルートを作るパズル「くもんのロジカルルートパズル」と、ラーニングリソーシズのコーディングを使ってコーディングロボット「ボットリー」を目的地に運ぶ知育玩具「ボットリー アクティビティセット」が選ばれている。

くもんのロジカルルートパズル
くもんのロジカルルートパズル
ボットリー アクティビティセット
ボットリー アクティビティセット

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0