Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

SASとCTC、「第2回和歌山県データ利活用コンペティション」にデータサイエンス教育プラットフォームを提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/13 15:23

 SAS Institute Japan(SAS)と伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、データ・サイエンティスト育成支援の一環として、「第2回和歌山県データ利活用コンペティション」にデータサイエンス教育プラットフォームを提供することを、9月12日に発表した。

 「和歌山県データ利活用コンペティション」は、和歌山県が行っている総務省統計局・統計センターと連携してデータの利活用や統計的思考の重要性の周知への取り組みの1つとして平成29年より開催している、次世代の日本を担うデータ・サイエンティスト育成のための、全国の高校生・大学生などを対象にしたコンペティション。

 「第2回和歌山県データ利活用コンペティション」では、「高齢者が活躍できる社会づくり」「UIターン就職・若者の定住促進」をテーマに、高校生・大学生がデータによる社会課題の解決に取り組む。

 SAS Institute Japanと伊藤忠テクノソリューションズは、この取り組みに賛同し、両社の強みを活かして共同でコンペティションのためのデータ分析環境を提供する。同環境を利用することで、コンペティション参加者は発表のために必要なデータを自由に取り込んで、簡単な集計をはじめ、基本的な統計解析、より高度な機械学習手法などを用いて、ビジュアルなインターフェースで分析できる。

 さらに、利用が想定されるオープンデータを使用した分析パターンのサンプル集を提供することで、より高度なデータ分析に興味を持つ大学生・高校生を支援する。

 今回、提供するデータサイエンス教育プラットフォームは、両社が共同で推進するデータ・サイエンティスト育成支援活動の中核を成すもので、伊藤忠テクノソリューションズのIaaS型クラウド「TechnoCUVIC」上で、SAS Institute Japanの最新AIプラットフォーム「SAS Viya」が稼働している。セキュアで拡張性が高く、教育現場のニーズにも柔軟に対応可能であり、ビジュアルインターフェースによってプログラミング言語が使えない学生でもデータ分析を実施できる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0