EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ココスペース、人材育成ノウハウを応用した「未来の教室 プログラミング×エンターテインメント」を小学校へ提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/03 16:40

 ココスペース(本社:大阪市、代表:牧口和弘)は、埼玉県の戸田市立戸田第二小学校にて7月25日~27日、「未来の教室 プログラミング×エンターテインメント」を開催する。

 「未来の教室 プログラミング×エンターテインメント」は、ココスペースが提供する3日間のプログラミング教育プログラムで、戸田市立戸田第二小学校の6年生から希望者を募って実施する。

 1日目は、児童たちがグループに分かれ、どんな発表をするのか、またプログラミングをどのように取り入れるのかを決めて制作を開始する。2日目は制作を進めて完成を目指し、3日目に制作したものについて発表、講評を行う。

 同校では、4年生から授業でプログラミングを学んでいるが、今回のプログラムでPBL(project-based learning=課題解決型学習)を経験することで、学んだプログラミングが社会でどのように活用されるのかを体感し、自ら学ぶ力や論理的思考力、伝達力などを養うきっかけとなる。

 ココスペースは、他社・他業態のインターン生に実務練習の場を提供するサービス「ビジれん」などを中心に、人材育成事業を行っている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0