Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

内田洋行、情報活用能力の育成に対応した教員研修プログラムを体系化した「情報活用能力育成のための教員研修サービス」の提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/29 12:45

 内田洋行は、内田洋行教育総合研究所が省庁や大学・教育機関との調査・研究・開発事業の受託をもとに、「Society5.0」時代に求められる「情報活用能力の育成」に対応する教員研修プログラムを体系化した、「情報活用能力育成のための教員研修サービス」の提供を、7月2日に開始する。

小中高教職員向けプログラミング的思考の育成ワークショップ
小中高教職員向けプログラミング的思考の育成ワークショップ

 「情報活用能力育成のための教員研修サービス」は、同社内の内田洋行教育総合研究所が文部科学省の「次世代の教育情報化推進事業(情報教育の推進等に関する調査研究)」などの受託事業を通じた経験や知見、およびタブレット端末や電子黒板を活用できるICT環境づくり、ICT利活用の教員研修サービスなどの導入実績をもとに、よりわかりやすく幅広い研修メニューを開発している。

 「次世代の教育情報化推進事業(情報教育の推進等に関する調査研究)」の研究結果にそって、

  • 新学習指導要領を踏まえた情報活用能力育成への対応
  • モジュール型の研修
  • ワークショップを多用した研修形態

の観点でメニュー化しており、「タブレット活用研修」「プログラミング的思考を育むための実践ワークショップ」「教育の情報化のための情報モラル&情報セキュリティ研修」「Intel Teach Elementsプロジェクト型アプローチ」の4つのコースを用意する。

新学習指導要領との対応表
新学習指導要領との対応表

 税別の提供価格は1コース15万円からで、別途教員向けサービスとして、ICT支援員サービスも提供している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0