Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

Google、コミュニティカレッジでITサポートプロフェッショナル認定プログラムを提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/26 14:30

 米Googleは、今秋からコミュニティカレッジに対して、同社のITサポートプロフェッショナル認定プログラムを提供する。

 GoogleのITサポートプロフェッショナル認定プログラムは、「Grow with Google」プログラムの一環であり、約8か月でITサポートのエントリーレベルのスキルを学ぶプログラムで、1月の開始以来、約4万人が参加しており、退役軍人や難民、低所得者を支援するため1万以上の奨学金へ資金提供を行っている。

 今秋からの、コミュニティカレッジ(公立の2年制大学)への同プログラムの提供は、イリノイ州、ミシガン州、オハイオ州、ウィスコンシン州、テキサス州、カリフォルニア州、ニューヨーク州の25を超えるコミュニティカレッジに対して、人材開発を目的とする非営利団体であるJFFを通じて行われる。

 コミュニティカレッジへのプログラム提供にあわせて、Bank of America、Walmart、Sprint、GE Digital、PNC Bank、Infosys、TEKSystems、UPMC、Hulu、Cognizant、RICOH USA、MCPc、Allswell、Bonobos、Hayneedle、Jet.com、Modcloth、Moosejaw、Sam's Club、Shoes.comなど、さまざまな企業が参加する雇用コンソーシアムが設立されており、プログラムを通じてITサポートのスキルを得た卒業生に対する、雇用機会も提供していく。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0