Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

レベルエンター、ブラウザ上でVRプログラミングが可能な「BLOCK VROCK」の提供を開始、スマホやVRヘッドセット向けVRプログラミングに対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/12 19:11

 レベルエンターは、スマートフォン、タブレット端末、パソコン、Web、Oculus GOなどのVRヘッドセット向けに、簡単にVRプログラミングができる「BLOCK VROCK(ブロック ブロック)」の提供を、6月12日に開始した。

BLOCK VROCK
BLOCK VROCK

 「BLOCK VROCK」は、「自分の世界を手作りしよう」をテーマに、子ども向けビジュアルプログラミングツール「Blockly」をベースにした環境で、あらかじめ用意されたテンプレートをカスタマイズすることで、プログラミングの知識がなくてもオリジナルのVR作品が作れる。

プログラム作成画面
プログラム作成画面のイメージ

 Webブラウザ上で実行するため、アプリなどをインストールする必要がなく、スマートフォンやタブレット端末、VRヘッドセットなど多彩な環境で利用できる。また、作品はLINEやFacebook、Twitterなどを使って簡単に共有可能なほか、ソースコードダウンロード機能でWebページとしても使える。

 基本テンプレートのみの利用は無料で、別途有料アイテム(税込300円~)を購入すれば、VRの作成を容易にする拡張テンプレートや、高度なVRが作れる拡張ブロックなどの拡張機能が利用できるようになる(平成30年中リリース予定)。

 なお、学校・法人ユーザーに対しては、すべての拡張テンプレート、拡張ブロックが利用可能になっており、クラスの作品展を公開する機能も備える。また、教員向けマニュアルも提供する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0