Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

mBot (えむぼっと)

プログラミングが可能な教育用組み立てロボット

中国のMakeblockが開発した、STEM教育のためのプログラミング教育ロボットキット。本体には標準で距離、ライン、ライト、赤外線の4種類のセンサを搭載するほか、別売の拡張キットで運動センサ、温度センサ、光センサも追加できる。キット構成に応じて、3輪走行型やキャタピラ型、アリ型ロボット、ロボットアームなど、多彩なロボットを組み立てられる。組み立ては簡単で、専用アプリを使ってスマートフォン/タブレット端末のコントロールにも対応する。また、Scratchを利用したビジュアルプログラミングや、上級者向けのArduinoプログラミングも可能となっている。

mBotに関連する記事

関連する記事はありません

プログラミング教育カテゴリの用語一覧へ

用語集TOPへ

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0