Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

学習塾・練成会グループ、全校の中学部塾生にAI型タブレット教材「Qubena」を導入

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/10 16:51

 北海道、東北で小・中学生、高校生を対象にした学習塾を展開している練成会グループは、4月よりCOMPASSが提供するAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を、グループ全校の中学部塾生に導入している。

 練成会グループでは、平成29年7月より、中学1、2年生を対象に「Qubena」を導入・利用していたが、教育効果の高さが確認されたことから、グループ全校178校の中学部塾生への導入へと拡大した。同グループでは、「Qubena」をおもに反転授業における授業前予習・授業後復習といった自宅学習と、その進捗状況・理解度の把握に活用していく。

 今回の導入にあたって、練成会グループを運営するれんせいの取締役社長である今村明広氏は、「ICTを使った教育を取り入れていくことで新たな学びを創造し、子どもたちには一生の宝物としてこれからの人生を支え輝かせ続ける「真の学力」を身につけてほしいと心から願っています」とコメントしている。


【関連リンク】
練成会グループ
COMPASS

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0