EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ソウゾウ、学びのフリマアプリ「teacha」のiOS版とWeb版をリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/26 13:25

 メルカリのグループ会社であるソウゾウは、学びのフリマアプリ「teacha(ティーチャ)」のiOS版とWeb版を、4月25日にリリースした。

 「teacha」は、フリマアプリ「メルカリ」が実現してきた「誰もがスマホひとつで簡単に売ったり買ったりできる」という世界観を学習分野に応用し、誰もが気軽に「教える」「学べる」環境づくりによって、個人が持つ経験や特技、時間などの有効活用を実現する。

teacha
「teacha」の利用イメージ(iOS版)

 具体的には、さまざまなことを学びたい人と、教える人をつなぐアプリで、学びたい人は各種レッスンの中から自分の学びたい分野を選び、教える人はプロ~趣味レベルまで自分の得意なことをレッスンとして提供できる。

 レッスンは最短30分から、料金は最低500円から登録が可能で、受講人数は1~6名。オンラインでのレッスンにも対応している。最短5分でレッスンを登録できるので、教えたい人が気軽かつ簡単にレッスンを作れる。

レッスンの流れ
レッスンの流れ

 教える側は、レッスンが実施された場合の手数料としてレッスン料金の20%、1万円未満の売り上げを引き出す際の手数料として210円(1万円以上の引き出しは無料)を支払う必要がある。また、レッスンの開催・受講にあたって発生する交通費、レッスン場所のレンタル料金、飲食代などは自己負担となる。

 サービス開始時点では、語学、資格の勉強、趣味の習い事といった一般的なレッスンをはじめ、「UFOキャッチャーマスター講座」「赤ちゃんの寝かしつけ講座」「谷中銀座を案内します」など、多彩なレッスンを用意している。

 18歳以上(高校生を除く)が利用可能で、教える側は公的証明書による本人確認が必要。複数アカウントの保持や、外部サイト/個別連絡への誘導は禁止される。また、「メルカリ」のIDと連携できる。

 今回のサービス開始にあたって、4月25日~6月4日11時59分の期間、レッスンを開催した人の手数料を無料にする「手数料無料キャンペーン」を実施する。

 そのほか、オフィシャルパートナーとして、学研プラス、ユーキャンが参加しており、今後はオフィシャルパートナーの講座で学んだことを活かす場所としての「teacha」の活用や、教えたい人向けのフォローアップ講座の実施といった連携を予定している。


【関連リンク】
ソウゾウ
「teacha」(iOS版)
「teacha」(Web版)



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0