SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

「MIJSアイデアソン」の各賞が決定、応募されたアイデアはWebページにて公開

 MIJSコンソーシアムは、10月15日に行われたアイデアソン「MIJSアイデアソン」で創出された69のアイデアの中から、最優秀賞と優秀賞、審査員特別賞を選考し、11月12日のオンライン結果発表会で発表するとともに、同コンソーシアムのWebサイトにてこれらのアイデアを公開している。

 「MIJSアイデアソン」は、日本をよりよくするためのアイデアを自分事として考え、具体的な形にしていくことを目的としたアイデアソンで、今回が初の開催となる。

 今回は、日本が直面する以下の3つの課題をテーマとしており、参加者は好きなテーマでいくつもアイデアを応募できる。

  1. 増え続ける自然災害に備えて、IT の力で何ができるか。
  2. 日本経済をITの力で活性化させるにはどうしたらよいか。
  3. 少子高齢化社会に対して、ITの力で何ができるか。

 アイデアソンは、アイデア発想支援ツール「IDEA GARDEN」とオンライン交流ツール「Remo」を用いてオンラインで実施され、参加者全員のアイデアを企画段階から全員で共有したり、相互にコメントをし合ったりしつつ、各自がアイデアを育てていった。

 エントリーしたのは224名で、当日は143のアイデアが生み出され、各チームでアイデアを育て上げた結果、最終的に69のアイデアが応募されている。これらのアイデアを、8名の実行委員が「有益性」「独創性」「実現性」の3つの観点で審査し、各賞を決定した。

 最優秀賞にはたなかさんによる「バーチャル日本国籍&日本の観光資源のデジタル上の整理」、優秀賞(1位、コアコンセプトテクノロジー賞)にはLa tormentaの「過去の災害情報×AR,VR技術を活用し、自然災害を自分ゴトで考える」、優秀賞(2位、システムインテグレータ賞)にはn-sysdesの「カーボンニュートラルの個人の成果を見える化」、優秀賞(3位、アイサイト賞)にはSystemExeチームの「海外方が日本へ個人旅行の際の災害時サポートポータルサイト+アプリ」、審査員特別賞にはほそいのぞみさんの「家を建てる際、第三者に相談できるサービス」が、それぞれ選ばれている。

 応募された69のアイデアは、人類の共有財産(パブリックドメイン)として、同アイデアソンのWebサイトにて閲覧できる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8490 2022/11/26 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング