SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

アイウェイズコンサルティング、小学生向けの動画プログラミング学習サービス「ツクル プログラミングクエスト」をリリース

 アイウェイズコンサルティングは、「ツクル プログラミングクエスト」を4月13日にリリースした。対象となるユーザは、小学3年生以上の学生、プログラミング教育に携わる教員および保護者となっている。

ああ

プログラミングクエスト カリキュラム一覧

 同サービスは、スクラッチを使った動画プログラミング学習サービス。小学生4000人の体験実績を基に学習を進める際の手順やキャラクター構成などが決められ、大学機関との共同研究によって、効果的な学習の検証、教材の開発が進められている。

 最大の特徴は、動画を視聴しながらゲーム感覚で学習できるところだ。1ゲームが約10の動画に分かれており、一つ一つの短い動画を見ながら真似をすることで、プログラミングを体験できる。また、各動画には、正解しないと次の動画に進めないクイズが設けられていて、学習者の理解度が測れるようになっている。

 動画を見ながらやり方を覚え、応用しながら見本となるゲームに近づけていくことで、見本のゲームを観察する観察力や、順序立てて物事を考える論理的思考のスキルアップが期待できる。見本のゲームを組み立てたあとは、自分のアレンジを加えたオリジナルゲームを作ることも可能で、表現力向上にも効果的だ。

 個人プランはLv10まで無料で、今後プレミアム会員(月額1000円)向けのカリキュラムも予定されている。

 

【関連リンク】
アイウェイズコンサルティング
プログラミングクエスト
ツクル

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/849 2018/04/16 17:20

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング