SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

コニカミノルタの学習eポータル「tomoLinks先生×AIアシスト」、文科省の示す学習ログデータ取り扱い方針に対応

 コニカミノルタは、同社が2023年春の正式サービス提供開始を予定している、教育業界向け学習支援サービス「tomoLinks(トモリンクス)」の学習eポータル機能「tomoLinks先生×AIアシスト」の、令和5年度の全国学力・学習状況調査での利用受付を、11月22日に開始した。

 「tomoLinks先生×AIアシスト」は、11月に文部科学省から示された学習ログデータの取り扱い方針に、いち早く対応して運用される学習eポータルシステムであり、文部科学省が実施する令和5年度4月全国学力・学習状況調査・中学校英語「話すこと」などでの利用も可能となっている。

 「tomoLinks先生×AIアシスト」では、学校で選択された教材やテストのデータだけでなく、全国学力調査をはじめとするすべての児童・生徒が利用するCBT(Computer Based Testing)にも対応するとともに、文部科学省の決定に準拠した学習データの取り扱いによって、安心安全な児童・生徒の学習データ運用を実現する。

 さまざまなテストや課題に対応した学習状況の分析ができ、とりわけ自治体や学校独自のテストや生活環境情報などにも対応可能なので、それぞれの教育現場により一層適した学習支援ができる。なお、大阪府箕面市における先行導入では、個人情報の保護に配慮しつつ児童生徒1万3000名の、9年分の学力調査データと生活状況調査データを用いて1人ひとりの学習状況を分析し、予測シナリオに基づく成長に向けた指導改善を実証してきた。

 「tomoLinks先生×AIアシスト」で利用する分析AIモデルは、共通モデルとしてではなく教育委員会や学校別に個別最適化して提供されるため、地域や学校などが重点を置く教育方針や学校全体の学習状況に合致する学習支援が可能となっている。また、指導者の授業計画での活用だけでなく、自治体や学校の教育方針検討の意思決定に役立つ情報も提供される。

 そのほか、児童生徒個別の学習分析を行うことで、より効果的な学習方法を提案する機能を備えており、連携できる教材も拡大している。

 2023年2月には、令和5年度4月全国学力・学習状況調査・中学校英語「話すこと」などの利用に向けた運用を開始するとともに、4月には文部科学省CBTシステム「MEXCBT」に対応した問題の配布と関連する学習履歴分析サービスの提供、8月以降には学習履歴分析に基づく教材提示や学習計画管理機能の提供を開始する。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8484 2022/11/24 13:44

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング