Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

クラーク記念国際高等学校、電子図書館サービス「LibrariE」を導入

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/12 16:30

 クラーク記念国際高等学校は、2108度より全国のキャンパスで導入したタブレット端末の利用促進施策として、電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」を開始した。同サービスは、日本電子図書館サービス(販売代理店:紀伊國屋書店)提供のもとで運用される。

 同校生徒のタブレット端末の利用促進や多読教育の推進、読書習慣定着などを目的として導入が決まったこのサービスには、KADOKAWA、講談社、オックスフォード大学出版局をはじめとする約70の出版社が参加。新刊や一般書を中心に、英語多読、就活本、文芸、ライトノベルといったジャンルの電子書籍を貸し出す。

 「LibrariE」のライセンス契約は1187種類で、全日型に所属するすべての生徒がサービスの対象となっている。「1度の貸し出しは3冊まで」「貸出期間は2週間」など規定はあるが、電子図書館サービスの導入によって生徒は365日24時間いつでも本を借りることができる。

 同校の電子図書館導入担当 市田氏は、「このシステムは、われわれのような全国にキャンパスを持つ広域通信制高校では非常に大きなメリットがあると考えています。なぜなら、より少ないコストで多くの蔵書を共有することができるからです。(中略)今後、生徒が電子図書館の利用を通して、より一層『自ら学ぶ』喜びを発見してほしいと考えています」と、コメントしている。

【関連リンク】
クラーク記念国際高等学校
日本電子図書館サービス

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0