SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

保育園・幼稚園で導入されたICTツール、「緊急連絡」が最多で「お知らせ、おたよりの配信」がそれに続く【うるる調査】

 うるるは、同社の運営する保育園・幼稚園向けのオンライン写真販売サービス「えんフォト」が、0~6歳の子どもを持ち、幼稚園、保育園、認定こども園に通わせている保護者を対象に実施した、「保育園・幼稚園におけるICTツール導入の実態調査」の結果を9月28日に発表した。同調査は、8月30日~9月4日の期間に行われ、266名から回答を得ている。

 調査対象者に、現在子どもが通っている園で導入されているICTツールを尋ねたところ、「緊急連絡」(60.5%)がもっとも多く、「お知らせ、おたよりの配信」(60.1%)がそれに続いた。

 私立園では、56.8%の保護者がICTツールの導入に積極的だと感じている一方で、公立園では約3割の保護者がICTツールの導入に積極的ではないと感じている。

 子どもが通っている園で、今後積極的にICTツールを導入してほしいと思うかを尋ねた質問では、「導入してほしい」とする回答が78.4%に達しており、私立園では81.3%、公立園では71.2%を占めた。一方、ICTツールは必要と思わないという理由として、「特に手間だと感じたり今以上の利便性がほしいと感じることがない」「今導入されているICTツールで事足りている」といった意見も寄せられている。

 今後、もっとも導入してほしいICTツールは「連絡帳」(43.7%)で、「欠席連絡」(39.9%)、「キャッシュレス集金」(38.4%)がそれに続いた。

 導入してほしいICTツールとして「写真管理、販売ツール」と回答した対象者に、導入を希望する理由を尋ねたところ、「展示販売だと写真を選ぶ・購入するのが大変だから」が最多となっている。

 なくなったら困るICTツールとしては、「欠席連絡」(43.7%)がもっとも多く、「緊急連絡」(39.9%)、「お知らせ、おたよりの配信」(38.4%)がそれに続いた。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8201 2022/09/30 11:40

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング